クーリングオフ以外の解約方法

AAAクーリングオフ クーリングオフできない場合でも
中途解約、消費者契約法、割賦販売法、民法などで解約できるます。

クーリングオフ

TOP
クーリングオフ代行
ご利用方法
料金・費用
安心のサポート
無料相談・無料判定
  簡易タイプ無料判定
  詳細タイプ無料判定
クーリングオフ制度
大切なポイント
専門家が有効な理由
消費者トラブルの事例
  訪問販売
  キャッチセールス
  マルチ商法
  業務提供誘引販売
利用者アンケート
他の解約方法
行政書士について
運営事務所
 

TOP > クーリングオフ以外の解約方法

 クーリングオフ以外の解約方法
中途解約
中途解約はクーリングオフと同じく特定商取引に関する法律に定められたもので、クーリングオフ期間が過ぎたあとでも解約できます。
中途解約が認められているのはエステティックサロン、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚情報サービスとその関連商品についてです。
中途解約はクーリングオフと違い無条件で解約できるものではなく、法律で定められた一定の金額を負担する必要があります。
中途解約専門サイト・・・AAA中途解約


消費者契約法
契約の際に業者に
@事実と異なることを告げた
A不確実な事項につき断定的な判断を提供した
B消費者の不利益となる事実を告げなかった
C消費者が退去したいと申し出たのにそれを受け入れなかった
D事業者に退去するように言ったがそれを受け入れなかった
場合に消費者契約法による取り消しを主張できます。
クーリングオフが不可能な場合も有効です。


割賦販売法
クレジット契約で無理やり契約させられた、購入した商品に問題があったなどの場合にクレジット会社に対して支払いを拒むことができます。

民法
錯誤、詐欺・強迫などがあった場合に、契約の無効・取り消しを主張できます。

クーリングオフ以外の解約について
契約金額が50万円以下の場合
着手金¥10,000+15,000+郵便料金
契約金額が50万円を超える場合
着手金¥10,000契約金額の3%+郵便料金
※エステ、学習塾等の中途解約の場合
契約金額に関わらず
着手金17,000円+郵便料金 詳しくはAAA中途解約をご覧ください。

※万が一、解約できなかった場合は着手金、郵便料金を除いた金額をお返しします。
※郵便料金は1,475円からです。3,000円を超える分は当事務所が負担いたします。

クーリングオフ無料相談・判定

 


禁無断転載 新生堂  サイトマップ